任意整理のメリットとデメリットについて

時には借金を行ったものの、なかなか返済する事ができなくなってしまったり、経済的にも苦労を強いられてしまう事もあるものです。
そんな時には債務整理が最適と言われていますが、債務整理の一つの方法として任意整理があります。

 

 

任意整理というのは将来的な金利がカットされ、そして借金の総額や毎月の支払い額が減額できるという手続きになります。
では任意整理には具体的にどういったメリットがあるのかという事ですが、まずは裁判所を通さずに手続きを行いますので、比較的楽に実行する事ができる点です。
自己破産や個人再生の場合ですと裁判所も関わってきますので、その分、手続きが面倒になってしまいますが、それらの手続きよりも簡単に行う事ができます。
過払い金が戻ってくる事があるのも一つのメリットです。

 

 

借金をしていると返済額の管理がイマイチよくできなくなる事もあるものですが、任意整理をする事によって、時には支払い過ぎている分が戻ってくる事もあるのです。

 

 

反対にデメリットもチェックしてみましょう。
まずは借入を約5年の間、行う事ができなくなります
所謂ブラックリストに入っている状態になりますので、借金をする事ができなくなってしまいます。
債務を減額できる力が低いというデメリットもあります。

 

 

自己破産や個人再生のように一気に借金が無くなったり、減ったりする事はありませんので、どの道返済を行っていく必要があります。
ただ、メリットの大きな手続きでもありますので、借金に困っている時には相談してみるのも良いでしょう。