任意整理ができないケースについて

借金がたくさん膨らんでいて何らかの理由などにより借りた金額を返済することができなくなった場合には任意整理をするという方法があります。

 

 

ですが任意整理を行おうとしてもできないケースもあります。
任意整理というのじゃあくまでも任意で行われるものなのです。

 

 

なので相手側である債権者と交渉することによって任意整理を行うことができるものなのです。
なのでこちら側から債権者に対して依頼を行うものなので債権者側がその交渉に対して応じてくれなかった場合には任意整理は残念ながら行うことができないのです。

 

 

 

任意整理に相手が応じてくれないケースとしては、お金を借りてから一度も返済を行っていないのに任意整理をしようとした場合や、返済を行ってからの期間が短い場合、それから会社の方針であったり会社の業績が悪化している場合には任意整理に応じてくれないケースが大きいです。

 

 

そしてまた、この任意整理には法的な拘束はありません。
そしてまたこの任意整理は相手の債権者によって対応も違います。
司法書士や弁護士などに相談を行うとよいでしょう。